親業

~親業とは~

米国の臨床心理学者トマス・ゴードン博士(1918-2002)が開発したコミュニケーションプログラムです。


親としての役割、つまり<親業>を果たすことは、「一人の人間を生み、養い、社会的に一人前になるまで育てる」仕事にたずさわることであると述べています。
私たち多くの親は「親の役割」をはたすために、自分の親から伝えられた経験と、外部からのさまざまな情報・知識に揺れながら試行錯誤を繰り返しています。何が正しいのかわからない。お友達はできるけど、うちの子はできないのは正常?と日々不安な気持ちで生活し、様々な感情を持ちながらその時その時を子どもとどう向き合えばいいのかわからない。そして意味もなく子どもにあたってしまう。。


その対策の一つとして<親業>があります。

 

毎日のイライラで自己嫌悪になっているママさんは、自分も含めたくさんいると思います。理想は、そのイライラが減り、親も子も毎日が笑顔で過ごせることですよね。

親も一人の人間です。「親」という特別な役から開放され、親と子ではなく人と人で共に成長し尊重できる関係を築ける、それが<親業>です。

 

 

<親業>は、親子間のコミュニケーションばかりではありません。
親子以外の人間関係にも使えます。職場でも、夫婦間でも。

もちろん、すぐに身につくものではありませんし、実践した結果、事例と異なる場面もいくつも出てきます。
しかし<親業>を意識し実践していくことで、少しずつ自分自身の笑顔時間が増えていくと思います。

 

親子関係がうまくいっている人は、今のままでいいと思います。
日々自己嫌悪に陥っていて、"なんとか良くしていきたい"と願っている方に知ってほしいですね。